特徴・他社との違い

>

コンタクトセンターに最も適した
Hybridチャットサービス

about_s1.png
about_s2.png
about_s3.png
about_s4.png
about_s5.png
about_s6.png
about_s7.png
about_s8.png

M-Talkだからできること

 リアルタイムモニタリング
 ナレッジ管理
 国内データセンター
 アプリ/システム連携
 入力補助機能
 マルチテナント
 標準API提供
 LINE連携
 多彩なレポーティング
 イベント管理
 個別カスタマイズ対応
 AI CHATBOT

だから選ばれる!3つの優位性

1.コールセンター機能2.信頼性・運用性3.多彩なシステム連携

主にコールセンターで活用するチャット、
大切なのは導入後の運用です。

初めてチャット運用を検討される際に見落としがちですがとても重要な機能です。
大切なのは導入後にしっかり運用できる機能があるか?運用しやすいサービスであるか?
M-Talkは他社にない様々な運用サポート機能をご提供しています。

リアルタイムモニタリング
入力補助機能(ナレッジ、ショートカット、予測変換)
多彩なレポーティング
ナレッジ管理(登録・承認フロー、世代管理機能)

活用例
  • スーパーバイザーが新人オペレーターの応対をモニタリング、教育・指導に活用
  • チャット件数をモニタリングし、柔軟にオペレーター配置を変更し運用
  • 電話での応対ナレッジを活用しスムーズなチャットセンター立上げを実現
  • 予測変換活用により短文での入力ミス低減
  • ナレッジに無い回答をオペレーターがナレッジ登録、管理者が承認しナレッジの最適化を実施

日本でのチャットサポートは急速に拡大していきます。

その運用や体制変更に柔軟に対応出来る事がとても重要です。
M-Talkは多数の大手企業さまでの運用実績から拡張性・運用性、そして安定性に秀でたサービスに日々成長し、ご提供しています。

マルチテナント…ナレッジや受付時間の違う業務をテナント分けで統合運用
イベント管理…ホームページに表示するチャット誘導バナー各種設定の変更機能
国内データセンターでの選べるサービス形態…複数のデータセンター、専有・共有クラウドの自由な選択
(NTTビズリンク社、IBM SoftLayer、フリービット株式会社 他)

活用例
  • アウトソーサーにて複数のお客様(企業)を1システムで統合運用しサービス提供
  • 当初は限定したホームページで運用スタートし徐々に拡大し運用
  • チャット誘導バナーのサイズやデザインを変更しチャット問合せ件数の分析・運用
  • キャンペーン期間など期間限定サービスに活用
  • チャット誘導に自社のキャラクター、スポンサーなどを柔軟に変更し活用
  • 取引のあるデータセンター選択や今後の展開を考慮したサービス選択に活用

導入後、運用に負荷なく活用出来る事が大切です。

チャットサポートサービスは、お客様毎に違うシステム環境や活用方法、これからの方向性なども含め様々なシステムや環境の変化に柔軟に対応するサービスである事が重要です。
M-Talkは様々なご要望に柔軟に対応し、お客様毎のニーズにお応えできるシステムを目指し、自社だけでなく多くのパートナー様と連携してサービス提供をしています。

標準API提供と個別カスタマイズ対応
強固で多彩なパートナーシップ

  • アプリ/システム連携…LINE(アプリ)、AVAYA(PBX)、テクマトリックス(CRM)、NTTビズリンク(CTI)
  • AI CHATBOT…NRI TRAINA、IBM Watson、NTT-C COTOHA、PKSHA BEDORE etc
  • アウトソーシング…りらいあコミュニケーションズ株式会社、情報工房株式会社、マスターピース・グループ株式会社、株式会社グッドクロス、アイビーシステム株式会社、アールエムトラスト株式会社、日本トータルテレマーケティング株式会社、株式会社ママスクエア(アウトソーサーパートナー一覧
活用例
  • 企業のキャラクターをWEBチャットのスタンプに活用
  • 他社では実現できないお客様独自のCRMとのリアルタイム連携を提供しご採用
  • WEB分析ツールと連携しチャット応対後のコンバージョン率をKPIに活用
  • 標準APIを利用し応対履歴を自動取得し顧客DBにて管理・運用
  • ユーザーインターフェースを企業やブランドイベージに合わせてカスタマイズ提供
共有サービス/SaaSサービス(製品Z,製品Lなど) Hybridチャットサービス(M-Talk 3.0J) 自社導入チャットシステム(M-Talk 3.0J)
チャット基本機能
マルチテナント管理・運用機能等 ×
カスタマイズ対応 ×
アプリ連携(LINE等)BOT AI 連携
初期費用 基本無料 300,000円〜 20,000,000円〜
月額費用 4,000円〜20,000円/月額(1ライセンス) 15,000円〜40,000円/月額(1ライセンス) 保守費用のみ

主な機能

応対業務(応対ポップアップ・転送など) / モニタリング(全体モニタリング ・カテゴリーモニタリング・応対員モニタリングなど)統計指標(期間別・時間帯別・応対員別処理状況・応対員別満足度 など) / 応対ナレッジ管理 / 応対業務設定(カテゴリー管理・ユーザー管理・スケジュール管理・アンケート管理など) / バナー管理 / テナント管理(業務配置管理・運用詳細設定など)