ナレッジマネジメント(Knowledge Management)

>

個人のもつ知識や情報を組織全体で共有し、有効に活用することで業績を上げようと言う経営手法。日本語では「知識管理」などと訳される。この場合の知識、情報とは単なるデータである「形式知」だけではなく、経験則や仕事のノウハウといった普段はあまり言語化されない「暗黙知」までを含んだ幅広いものを指す。

ナレッジマネジメントを浸透させることにより、個人の能力や育成、組織全体の生産性向上、意思決定スピード向上、業務の改善や革新の場の提供が実現出来ると考えられている。

その導入には、個人の知識を組織の知識として活かす仕組みと、知識の共有、適用、学習により新たな知識の創造出来るプロセス、そのプロセスを継続出来る文化、環境、システムが必要とされる。