M-Talkのライセンス契約を追加することで、会員様向けと非会員様向けのそれぞれに受付時間を設定することが可能です。
ライセンスの追加だけで、1システム内で設定を切り分けることが可能です。